病気・疾患

乳がん研究で発見! がんに自律神経が影響する?!

ストレスが体に悪いことは今更言うことではないと
誰もが経験的に知っていると思いますが

がんとストレスの関係は明確にわかっていない

ということはご存知でしょうか?
 
実はこれまで、大規模な研究で
がんとストレスは関係がある
ということまではわかっていたのですが
どういう理由で関係があるかはわかっていませんでした。
 
それをなんと!
岡山大学の研究チームがはっきりさせたとのこと!
今日は美容でも予防医療でもなく
病気…特にがんのお話をいたします。

ストレス状態とは、交感神経イケイケの状態

交感神経と副交感神経という言葉は
すっかり認知度が高まりまして

 

一般の方でも
「副交感神経はリラックスの神経」
「交感神経はイケイケドンドンな感じ」
と理解している方が多いです。

 

まさにそのとおりで
副交感神経は緊張が解きほぐされたときに働く神経で
交感神経は
臨戦態勢であり
戦闘態勢であり
危険な状態であり
興奮状態である場合に働く神経です。
 
考えただけで疲れます。

交感神経が優位だと戦う前提の体になる

交感神経が優位な状態が続くと顆粒球が増えます。
すごく増えます。かなり増えます。
顆粒球とは、白血球の一部のことで
顆粒球の中には、好中球・好酸球・好塩基球などが含まれます。
白血球は細菌やウイルスなどの侵襲者を駆逐するために働く
いわゆる免疫細胞達です。
 
昔の人は
戦闘態勢に入るときは何かしら血を見るような怪我をしたのでしょう。
体はいつだって怪我に備えて最近という侵入者を倒す準備をしていたのですね。
原始人はベジタリアン?目からウロコの原始生活 より引用

顆粒球は活性酸素を発生させる

活性酸素と聞くと諸悪の根源のような気がしてしまいますが
活性酸素は体の免疫機能になくてはならない存在です。

 

顆粒球は体に入ってきた侵入者を自ら食べて
そして自らが発生させた活性酸素で侵入者を殺します。

 

活性酸素は毒にも薬にもなるファクターなのです。

 

しかし
交感神経が優位すぎて顆粒球がたくさん生まれてしまったら
侵入者というぶつける先がない活性酸素を体中に撒き散らしてしまいます。
活性酸素とは、細胞のDNAを傷つけることで有名です。
DNAが傷ついた細胞は自分で死を選ぶ
いわゆるアポトーシスを起こすのですが
過剰に活性酸素が湧いて
過剰にDNA傷ついた細胞が生まれると
アポトーシスを起こせない遺伝子を持った細胞が生まれます。

 

それががん細胞です。

自律神経ががんまで伸びることを発見

岡山大学の研究チームは
乳ガンの増大に伴って乳がん組織の中に自律神経が伸びていくことを発見しました。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経のことを指します。
直接がんまで伸びた神経が
がん自体の増殖や転移に強い影響を及ぼすのだとか。

 

さらに交換神経の密度が高い患者群は
交感神経の密度が低い群に比べて
生命予後が不良だということがわかりました。
 
つまり常日頃
イライラしている人
時間に追われている人
プレッシャーが強い人
なんかは、がんに侵されたときに早死する可能性が高いということです。

まとめ

慢性ストレスがガンを悪化させると明確にわかったところで

慢性的なストレスから逃げることのできない私達は一体どうしたらいいのでしょうか?

 

その答えは、ストレスに負けない体になるほかありません。

 

実は私達は体の中にちゃんと

抗ストレスホルモンと呼ばれるホルモンを持っています。

抗ストレスホルモンにしっかり働いてもらうことができれば

ストレスによる影響を最小限に留められます。

 

抗ストレスホルモンをしっかり出すために必要な対策は

また別のコラムでご案内します。

こんな記事も読まれています