お米には有害金属の●●が入っている

分子栄養学

お米だって問題点はある

グルテンフリーが騒がれて以来、お米に切り替える人が増えてきましたが、お米を食べれば何もかも問題がないかと言われたらそうではありません。お米には

有害金属

が含まれています。

実は有害金属と呼ばれる金属はいろいろなところにちょっとずつ入っていて、食べないで生きることは不可能です。なので、

正しく恐れて正しく対応する

ことが必要です♪

お米に含まれる有害金属

お米などのイネ科の植物に多く含まれることで有名な有害金属は「カドミウム」です。お米はイネ科の植物なので、お米をこよなく愛する方の体内に多い傾向にあります。なお、カドミウムはお米の外側にたくさん蓄えられるので、

健康志向の強い玄米食さん

のほうが体内カドミウム量が高いことが報告されています。

カドミウムが多いとなる病気

お米を長く食べ続けていると溜まりやすい有害金属のカドミウムですが、肺気腫という肺の病気や、高血圧、骨折、自己免疫疾患の主原因になると言われています。

何かと免疫が気になる昨今ですが、日本人はお米が主食で小さい頃からずっと食べ続けている方が多いので、ちょっと条件が悪いかもしれませんね。

有害金属カドミウムは腎臓に溜まることが知られています。腎臓は体の中の毒素のうち水で溶けるものを体の外に出す大事な器官なので、

腎臓がやられてしまうと

当然毒が出しにくくなります

毒が溜まると代謝が滞り、太ったり肌艶が衰えたり病気になったりします

有害金属を体から出す方法

体に溜まった有害金属を体の外出すために大事なタンパク質があります。それを

メタロチオネイン

といいます。

メタロチオネインは体の中の有害な金属と結びついて体の外に出す性質があって、このおかげで私たちの体は金属たっぷりの排気ガスまみれの空気を吸っても生きていられるわけです。カドミウムももちろん有害金属の一つですから、メタロチオネインのおかげで体の外に出ます。

メタロチオネインは亜鉛がお好き

有害金属を体から出してくれるメタロチオネインが体の中でできるためには【亜鉛】が必須です。でも現代人は食事状の変化で亜鉛が足りてない人が大多数なので、亜鉛についてはサプリで摂ることをお勧めしています。

ブイシマン

ブイシマン

お元気戦隊ブイシマンです!看護師でアンチエイジング学会オタクです。 美容皮膚や分子栄養学などのアンチエイジング分野が好きすぎて学会に行きまくっていたら、お医者さんや看護師さんに学会の情報を聞かれるようになったので、ブログにまとめることにしたのがきっかけで書いてます。 勉強すると欲しいものが増えるのですが、なかなか世の中に納得いくものが見当たらないので、自分が欲しいものは全部製造して販売してます。

こんな記事も読まれています

特集記事

ブイシマン

ブイシマン

アンチエイジング系学会が好きすぎて行きまくっていたら、お医者さんや看護師さんに学会の情報を聞かれるようになったので、ブログにまとめることにしたのがきっかけで書いてます。 勉強すると欲しいものが増えるのですが、なかなか世の中に納得いくものが見当たらないので、自分が欲しいものは全部製造して販売してます。

ランキング

  1. 1

    レモン1個分にはレモン4個分のビタミンCが入っている!?

  2. 2

    細胞の入れ替わるサイクル

  3. 3

    ビタミンB群はどうして途中の番号がないの?

TOP