分子栄養学

どうしてビタミンBは「群」なの?

どうしてビタミンBだけビタミンB【群】なのか疑問に思ったことはありませんか?なにかと謎の多いビタミンB群ですが、それはすべてビタミンに関する歴史に関連しています!コレさえ読めばもう納得!今日は疑問をスッキリ解決するためのビタミンの歴史のお話です。

ビタミンBだけ群なのは発見の歴史が関係しています

ビタミンの歴史は、最初、1911年ににカシミール・フンクという生化学者が「よくわからないけど成長に必要な因子」を発見したところから話が始まります。その因子が不足すると脚気という病気を起こすことをフンクさんは発見し、この発見した新しい因子は

生命(Vita)に必要なアミン(amin)だ!

という意味を込めて、ビタミン(Vitamine)という名前をつけました。(この当時は語末にeがついていましたが後々とれます。)つまり、ビタミンというのは語源からして【生命に必要なもの】という意味なんですね。ただこのとき、ビタミンがこんなに細かく複雑に多数の分類がされることになろうとは誰も思いもしなかったのです…。

ビタミンは2種類あると発見

その後、アメリカのエルマー・マッカラムという人がさらに研究をすすめました。実験をした結果、成長をするために絶対に必要な成分は一つではなく2つあることを発見しました。その成分は

油に溶ける・脂溶性A

水に溶ける・水溶性B

と名付けられました。ちなみにですが、マッカラムさんはなんと世界で初めて実験にマウスを導入したという人!この人のおかげで研究分野の進みが早くなったと言っても過言ではないほどの先進的な人なんですよ!

水溶性=ビタミンBとしました

マッカラムさんが発表した水溶性Bと、昔フンクさんが発見したビタミン(vitamin)は同じものだったので【水溶性B=ビタミン】ということで【ビタミンB】と呼ばれるようになりました。

なお、この時発見・命名した脂溶性A因子はのちのビタミンAです。マッカラムさん、ビタミン発見は2番手なのに戦略的にビタミンの最初の頭文字を獲得しました!く〜策士っ!このマッカランさんの横取り一番先頭作戦より、フンクさんが発見した最初のビタミンがなぜかB群の位置に落ち着いたのです。

水溶性B、大量発見!

たくさん研究が進む中で、フンクさんが見つけたビタミン、つまり水溶性B因子は一種類ではなくたくさんの種類があることがわかってきました。

水溶性Bは一丸となると力を発揮する

脂溶性Aは、それだけで体に大きな影響を及ぼす因子でしたが、水溶性Bはお互いが協力して強い力を発揮することがわかりました。まさに、5人揃って大きな力を発揮気する戦隊ヒーローと同じですね!
5人揃ってゴレンジャー=ビタミンB群、ゴレンジャーレッド、ゴレンジャーイエローのような個々の名前をビタミンB1,B2と呼ぶようになったのです。

こんな記事も読まれています