世界で初めて発見されたビタミンはAじゃなくてB!

分子栄養学

最初はBとかAとかなく、ビタミン

ビタミンの歴史は、最初、1911年ににカシミール・フンクという生化学者が「よくわからないけど成長に必要な因子」を発見したところから話が始まります。その因子が不足すると脚気という病気を起こすことをフンクさんは発見し、この発見した新しい因子は

生命(Vita)に必要なアミン(amin)だ!

という意味を込めて、ビタミン(Vitamine)という名前をつけました。(この当時は語末にeがついていましたが後々とれちゃいます。)

つまり、ビタミンというのは語源からして【生命に必要なもの】という意味なんですね。

ビタミンは2種類あると発見

その後、アメリカのエルマー・マッカラムという人がさらに研究をすすめました。実験をした結果

成長に絶対に必要な成分は1つではなく2つある

ということを発見しました!

余談ですが、マッカラムさんはなんと世界で初めて実験にマウスを導入したという人!この人のおかげで研究分野の進みが早くなったと言っても過言ではないほどの先進的な人なんですよ!

水溶性=ビタミンBとしました

マッカラムさんが当時発表した水溶性Bと、昔フンクさんが発見したビタミン(vitamin)は同じものでした。

なお、この時マッカラムさんが発見・命名した脂溶性A因子は、のちのビタミンAです。

マッカラムさん、ビタミン発見は2番手なのに、自分が見つけたビタミンにアルファベットの最初の文字をつけることに成功したんです!く〜策士っ!このマッカランさんの横取り一番先頭作戦により、最初に発見されたビタミンがなぜかB群の位置に落ち着いたのです。

フンクさん、悔しいでしょうね〜!

ブイシマン

ブイシマン

お元気戦隊ブイシマンです!看護師でアンチエイジング学会オタクです。 美容皮膚や分子栄養学などのアンチエイジング分野が好きすぎて学会に行きまくっていたら、お医者さんや看護師さんに学会の情報を聞かれるようになったので、ブログにまとめることにしたのがきっかけで書いてます。 勉強すると欲しいものが増えるのですが、なかなか世の中に納得いくものが見当たらないので、自分が欲しいものは全部製造して販売してます。

こんな記事も読まれています

特集記事

ブイシマン

ブイシマン

アンチエイジング系学会が好きすぎて行きまくっていたら、お医者さんや看護師さんに学会の情報を聞かれるようになったので、ブログにまとめることにしたのがきっかけで書いてます。 勉強すると欲しいものが増えるのですが、なかなか世の中に納得いくものが見当たらないので、自分が欲しいものは全部製造して販売してます。

ランキング

  1. 1

    レモン1個分にはレモン4個分のビタミンCが入っている!?

  2. 2

    ビタミンB群はどうして途中の番号がないの?

  3. 3

    (遺伝子組換えでない)の表示がなくなる!?

TOP