活性酸素対策ならビタミンCより●●がおすすめ

分子栄養学

まずは活性酸素について知ろう

活性酸素は病気の90%の原因であり、さらには美容的なシミやシワの原因にもなるとても有害な物質です。活性酸素は狭義の意味で

一重項酸素

スーパーオキシド

過酸化水素

ヒドロキシラジカル

の4つがあります。活性酸素と聞くと全部悪者のような気がしてしまいますが、実はこの中で一重項酸素、スーパーオキシド、過酸化水素は体の中でウイルスをやっつけたり、いらない細胞を死滅させたりするのに使います。でも

ヒドロキシラジカルだけが

超悪者です!

ヒドロキシラジカルの何が問題かというと

周りから電子を奪い取る力が

とてもとても強い

ってこと!私はこの力のことをわかりやすく

強奪力と呼んでいます。

*強奪力は、一般的には酸化力と言います。

本当に乱暴者のヒドロキシラジカルは、他の活性酸素が強奪しないような分子からもガンガン電子を強奪していきます。

その中でも特に問題とされるのは

細胞の膜を

どんどん酸化させること!

ヒドロキシラジカルに電子を取られて合体してしまった脂質は過酸化脂質になってしまい、さらに周りを酸化させて、

細胞機能をどんどん落とします。

これがヒドロキシラジカルが体に悪い理由です。

抗酸化(与える力)の話

ビタミンCだけでなく、アスタキサンチンやフィトケミカルなど抗酸化力がある成分はたくさんありますが、どれも

電子プレゼント力(抗酸化力)が

とてつもなく強いです。

プレゼント力が強すぎて…ヒドロキシラジカル以外の活性酸素にもどんどんと電子プレゼントしちゃいます。

他の子にあげすぎてしまって

ヒドロキシラジカルへの分が

ちょっと減ってしまいます。

私たちの思いとしては、体に悪いヒドロキシラジカル狙い撃ちで電子をプレゼントしてほしかったのに。

だからこそ、水素がおすすめ

ここで登場するのが水素です!抗酸化物質の一つである水素の最大の特徴は

プレゼント力が弱い

ということなんです!

弱いから、水素がいい

電子のプレゼント力(=抗酸化力)なんて、強ければ強い方が良いような気がしてしまいますが、弱いからこそ強奪力の弱い他の3つの活性酸素に電子を奪われることなく、うろうろできます。そして

強奪力の強い

ヒドロキシラジカルに出会い

プレゼントをあげてくれます

…水素のプレゼント力(=水素結合の話は複雑で、化学系の大学院出た人から

「俺らでも超難しい話になるけど本当に聞く?」

と言われているので、今回くらいのイメージでご理解されるといいかなっと思います。ということで

活性酸素のことだけ考えたら

水素はかなりおすすめです

ビタミンCも一緒にどうぞ

ではビタミンCはいらないかというと、そんなことはありません。ビタミンCは水素と違って

他の仕事がたくさんあります。

などの違う役割を果たしているので、ビタミンCと水素など、1種類の成分でどうにかしようとするのではなく、自分の食生活と体の様子と相談して、複数の抗酸化物質を組み合わせるのがおすすめですよ♪

ブイシマン

ブイシマン

お元気戦隊ブイシマンです!看護師でアンチエイジング学会オタクです。 美容皮膚や分子栄養学などのアンチエイジング分野が好きすぎて学会に行きまくっていたら、お医者さんや看護師さんに学会の情報を聞かれるようになったので、ブログにまとめることにしたのがきっかけで書いてます。 勉強すると欲しいものが増えるのですが、なかなか世の中に納得いくものが見当たらないので、自分が欲しいものは全部製造して販売してます。

こんな記事も読まれています

特集記事

ブイシマン

ブイシマン

アンチエイジング系学会が好きすぎて行きまくっていたら、お医者さんや看護師さんに学会の情報を聞かれるようになったので、ブログにまとめることにしたのがきっかけで書いてます。 勉強すると欲しいものが増えるのですが、なかなか世の中に納得いくものが見当たらないので、自分が欲しいものは全部製造して販売してます。

ランキング

  1. 1

    レモン1個分にはレモン4個分のビタミンCが入っている!?

  2. 2

    細胞の入れ替わるサイクル

  3. 3

    ビタミンB群はどうして途中の番号がないの?

TOP