病気・疾患

安易なプロペシアは◯◯◯がたたなくなりますよ!

プロペシアというお薬はご存知でしょうか?
多くの男性は知っているこのお薬は、いわゆる毛生え薬として有名なお薬です。

 

厳密に言うと
毛が生えるというわけではなく
毛が抜けなくなるため
結果としてふさふさな頭髪が保てるということで
非常に男性に人気なお薬です

 

もちろんご自身の髪が薄毛になってきて気になりだしたから飲み始めたという方もいれば
こんな安易な理由で
自分の髪の毛が抜け始める前から予防的に内服する人もいるくらい。

 

でも、安易にお薬を飲み続けるのって本当に大丈夫?

 

髪の毛がふさふさでも…
ああ悲惨
というお話を本日は真剣にさせていただきます!

プロペシアを飲み続けると◯◯◯がたたなくなる⁉​

釣りではなく、真面目な話です。

至って真面目に医学的に語らせていただきますが、

いわゆる勃起障害が起こります。しかも…永久に。

たしかに添付文章には1%未満の確率で
勃起障害が起こることは記載されていますが
実際のところ1%より多いことが大問題!
 
さらに大問題なのが
実際に勃起障害が起こってから
慌ててお薬をやめても元の状態には戻らないんです!
 
今日のこのお話はメンズ・ヘルス外来で著名な
久末伸一先生(ひさすえしんいち先生)の講演を最も参考にして
お話させていただきます。
 
もし少しでも気になった方や自分にも心当たりがある方は
ご自身で久末伸一先生を調べてみてくださいね!

どうして男性の髪の毛は抜けてしまうのか​​

プロペシアでどうして勃起障害が起こってしまうのかについて
詳しく説明するために
まずはどうして男性の髪の毛は
女性に比べて抜けてしまうのかについてお話します。
男性の髪の毛を抜けさせてしまっている原因は

男性ホルモンの一種・DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるホルモンが原因です。

 

ジヒドロステロンは

テストステロンのパワーアップバージョン

と思っていただければいいです。
 
どれくらいのパワーアップかと言うと
おおよそ10倍の力を発揮すると言われています。
 
髪の毛に悩む世代の方にとってわかりやすい例えで言いますと
いわゆるジヒドロテストステロンは超サイヤ人。
戦闘力53万のフリーザ様を倒せるレベルのやつです。
 
一方テストステロンは
「よっ!おら悟空!」と言ってる頃の
まだ亀の甲羅を背負っただけで重いとへこたれていて
クリリンに偉そうなことを言われる時代のかわいい孫悟空。
そんなイメージです
ジヒドロテストステロンは

テストステロンの10分の1の力で同じことができてしまうわけですから

テストステロン値が下がってきたときに

足りなくなった効果を補おうとしてDHT(ジヒドロテストステロン)は変換されます。

 

つまり年齢と共にだんだんと

体内にDHT(ジヒドロテストステロン)超サイヤ人が増えてきてしまいます。

ただここで問題なのは

ジヒドロテストステロンはあまりに強大な力を持ちすぎているということ。

 

超サイヤ人が地球を守ろうと戦っていたのに

もう人類は地球には住めないんじゃないかな?というくらい地球もろとも破壊しちゃう。

 

これと同様で

DHT(ジヒドロテストステロン)は

本来体の臓器を正常に働かせるために分泌されて活性化したのに

体のいろいろな部分をちょっと傷つけてしまうのです。

プロペシアは前立腺肥大症の薬​

髪の毛がフサフサになることで有名なプロペシアですが
元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたお薬です
 
前立腺肥大症の治療薬が
どうして髪の毛の薬として使われるの?
 
と思われる方もいるかもしれませんが
実は自由診療の分野で重宝されるお薬は、

違う目的で作られたけど

副作用目的で使ってしまおう!

というお薬がとても多いです。

男性に一番有名なのなバイアグラ​

バイアグラは元々高血圧の治療薬として開発されたお薬です。
 
でも
男性のあっちがとってもすごいことになる?!
 
ということで
現在のところ高血圧の治療薬としてよりも
圧倒的に違う目的で処方されることのほうが多いですね。
 

女性に一番有名なのはルミガン​

ルミガンは、元々は緑内障の方の目の圧を下げるための目薬です。
 
しかし、「緑内障の人の多くがなぜかまつげがふさふさ」
ということでまつげを伸ばすお薬として定着したものです。
 
このように、医学的に違う目的で開発されたのに
副作用を期待して重宝されている薬は自由診療の分野では数多くあります。
 
その代表的な一つにプロペシアも入ります。

 

なので
ご自身としては
髪の毛を生やすための目的のためだけに
プロペシアを飲んだとしても、

髪だけでなく当然前立腺にも影響を与えています。

もちろん他の場所にも影響を与えています。

プロペシアはDHT(はジヒドロテストステロン)になるのをブロック​

本題のプロペシアの薬理作用のことですが
テストステロンがDTH(ジヒドロテストステロン)になるのをブロックします。
 
つまり「おっすおら悟空!」のかわいい悟空から
「クリリンのことかぁぁぁーーー!」とブチ切れる
超サイヤ人になるのをブロックします。

 

ふーこれで毛根破壊者の量産がとまった!
髪の毛抜けない!一安心!

 

と思うのは毛根だけで、
DTH(ジヒドロテストステロン)が欲しい臓器からすると
男性ホルモン超不足状態になります。
 
本来男性ホルモンを強く必要とする臓器は

脳の海馬と陰茎です。​

DTH(ジヒドロテストステロン)が陰茎にこなくなるとどうなるのか​​

陰茎にとってDTH(ジヒドロテストステロン)は
なくてはならないホルモンなのですが
プロペシアの作用で万年枯渇状態。

 

ジヒドロテストステロンがやってこない陰茎の筋肉は
「なんか司令もこないし、もう使わないってことでいいんですよね」
と、使わないモードになっていきます。

医学的に言うと、陰茎平滑筋の線維化が起こります。

線維化とは筋肉のしなやかな伸び縮みができなくなった硬い組織になることを言います。

陰茎平滑筋の線維化が起こると勃起しなくなる理由(かなり医学的)​​​

血液がたくさん陰茎に流れ込むことで
勃起するというのは万人が知っていることだと思います。
 
でももし
血液の巡りが良くなってたくさん陰茎に流れ込むだけで勃起するなら
ランニングしたらギンギンになってしまうとは思いませんか?
 
体はとても賢くて
たとえ全身をめぐる血液のめぐりが良くなっても、
必要ないときには陰茎に血液が流れ込みすぎないように
何かが血管をぎゅっと強く締めています。
 
その何かというのが陰茎平滑筋。

 

陰茎平滑筋は陰茎深動脈の周りをぐるりと囲んでいて
常時陰茎深動脈から過剰な血流が
陰茎海綿体に流れ込まないように抑えています。
いざ血流必要!

 

というシーンになった時
陰茎平滑筋は通常時とは逆に筋肉の収縮を緩めた状態になります。
陰茎平滑筋が緩むことで陰茎海綿体に大量の血液が入ります。
 
一方
血液の出口である深陰茎背静脈は
常に一定の血流しか流しません。
 
血液がたくさん入ってくるけどちょっとしか出られない。

 

結果、勃起が起こるというメカニズムです。

 

つまり、陰茎平滑筋が線維化すると勃たなくなります

かなりの数の患者様が泣き寝入り​​​​

冒頭でも申し上げたように
お薬についてくる説明書きにも
 
1~5%未満で
リビドー減退(リビドーとは性欲のことです)が起こり
 
1%未満で
勃起機能不全 射精障害 精液量減退 
などの記載がありますが
 
実際のところもっと外来にたくさんの患者さんが来ているそうです!

 

久末先生の外来診療の印象だと
1年か2年の継続的なプロペシアの投薬によって
勃起力が明らかに落ちるそうです。

 

髪の毛に悩み始める年代はさまざまですが
おおよそ40代ごろから本格的に頭髪クリニックに通う方が増えてきます。

 

そのためアッチのお悩みが進行しても
「年齢的なものかな?」
と自分を言い聞かせてしまう人が大多数。
 
ただし
プロペシアによる平滑筋の線維化は20代の方でも同様に起こってきますので
元気バリバリの20代中盤の若者が

突然勃起不全に!

ということもあります。

プロペシアをやめても勃起不全は戻らない

大変恐ろしいことに

陰茎平滑筋の線維化萎縮は

プロペシアを飲むのをやめても

完全に元には戻らないんです。

 

2003年の論文によると

プロペシアの内服を中止しても

50%の方しか改善を認めないし

 

長期中止でも完全回復は4%のみとなっています。

線維化してしまったらおしまい!打つ手なし!ってことです。​

安易な薬の使用は体のどこかに負担をかけています。
今一度、本当にその薬が必要なのか
しっかり考えて内服をしてくださいね!

 

なお、髪の毛についてはサプリメンテーションのほうが安全に効果を出せます!
その記事はまた後日UPします!

こんな記事も読まれています