ダイエット

人工甘味料は0キロカロリーだけど太る!

腸環境が荒れて太る!

人工甘味料は逆に太る理由はいくつかあるのですが、興味深いのは2018年のネイチャーに掲載された発表です。マウスの実験にてスクラロースという人工甘味料が腸の炎症を悪化させていることがわかっています。

体は炎症を起こすと太りやすくなりますし、腸の状態が悪くなると代謝が落ちます。

炎症があると太るメカニズム

炎症→血液中に炎症性サイトカイン増える→サイトカインはインスリン受容体の働きを悪くする→あれ?インスリンたりない?と勘違い→むっちゃインスリン出す→受容体の働きがまともな細胞はめちゃくちゃ糖を取り込む→取り込みすぎて脂肪になる→太る

というのが簡単なメカニズムです。

人工甘味料は腸内を炎症状態にして環境を荒らすのですが、腸内細菌のバランスが崩れると腸内でビタミンB群がたくさん作れなくなります。

B群がないと、糖質・脂質・タンパク質どれもがエネルギーになれません。せっかく運動を頑張っても脂肪が燃えない…痩せたくて人工甘味料を選んでいることがダイエット失敗の原因かも。

甘すぎて太る!

いちごのショートケーキ

人工甘味料はすごく甘いので、脳が

この甘さ…ものすごく血糖値上がりそうな予感!

と感じて、インスリンの大量分泌の準備をします。しかし実際は人工甘味料だと血糖値が予想よりも上がりません。大量に分泌されているインスリンのせいで血糖値が下がりまくります。その結果

脳は下がりすぎた血糖値を補正するために

食欲を旺盛にします。

食欲爆発のせいで通常よりも高いカロリー摂取につながるだけでなく、急激な血糖値の上昇が起こります。この血糖値の乱高下はまさに太る理由です!

3種の人工甘味料

人工甘味料の特徴

アセスルファムKは甘さを感じるまでの時間が短いですが、余韻が残りにくくて味気ないのが特徴です。一方アスパルテームとスクラロースは甘さの余韻が長いけれど瞬間的な甘さが今一つという特徴があります。砂糖はどちらもの中間に位置します。つまり

人工甘味料3つセットだと砂糖の甘さに近づくのです。

神戸化成株式会社さんより図拝借

いろいろ潜む人工甘味料

一般的な スイーツ・ジュース

なんとお薬にも人工甘味料

最近では人工甘味料は様々なお薬に使われています。一般的には苦味やえぐみをごまかして、薬を飲みやすくするのが目的です。たしかに薬は毎日大量に取るものではありませんが、なんとなく、体をよくするためのものに入っているのはいい気分ではありませんね。

まとめ

いかがでしたか?人工甘味料は知らないうちに至る所に使われるようになっています。もしこれまでダイエットのために積極的に選んで摂取していたという方がいるなら、これを期に考え直してみるのがおすすめです。

「どうしても甘いものが食べたくなる!」という方は、甘いものが食べたくなるメカニズムを知るといいですよ♪

こんな記事も読まれています